カードローン。低金利だけできめてはいけない理由。

転職してすぐ借りたい人におすすめのカードローン

Posted on 2017年4月18日 by gen

転職をすると、勤続年数がリセットされてしまうので、カードローンの審査では圧倒的に不利になります。審査では最低でも1年以上勤続していないと通らないのが一般的なので、転職後すぐに審査に申し込むと落ちてしまう可能性が高いです。なるべく通過率をアップさせるためには、最低でも勤続年数が1年になった頃に申し込むか、勤続年数が短くても通る方法を実践してチャレンジするかの2つの方法があります。勤続年数を確認するためには、会社に勤めている人が加入している健康保険証を確認します。ここに記されている資格取得年月日を見れば、入社して何年経っているのかがわかってしまいます。なので、転職して間もない人が審査に申し込むのにおすすめのカードローンは、本人確認書類として健康保険証の提出を条件としていないものです。

他に使われている本人確認書類としては、公共料金(電気・ガス・固定電話)の領収書、社会保険の領収書、国税や地方税の領収書、納税証明書などがあります。なので、申し込み住所と本人確認書類の住所が同一であれば、運転免許証の提出のみとなっているところ、申し込み時の住所と本人確認書類の住所が違う場合は、運転免許証と公共料金の領収書もしくはパスポートと公共料金の領収書、という書類審査確認になっている業者のカードローンがおすすめです。これならば自己申告通りの勤続年数で審査されます。本人確認書類として使える種類を多く記載しているカードローン会社であれば、勤続年数が短いことがバレずに審査に申し込める可能性があります。転職後すぐの借入で高い限度額にしたい場合は、収入証明書を給与明細のみで認めている金融機関であればバレずに審査に通る可能性が高くなります。銀行カードローンだと申込者が給与取得者だと源泉徴収票などの提出が必要になるので、給料が少ない場合は審査通過率が低くなってしまう可能性が高いので、消費者金融のカードローンに申し込んだ方がいいでしょう。